先輩職員の声・インターンシップ

トップページ > 人材(人財)育成基本方針 > 先輩職員の声・インターンシップ

【インターンシップ】インターンシップ実習に参加しました!

2021.03.18掲載

・・・はじめに・・・ 
 インターンシップ実習に青森大学の前川星さんが参加してくれました。障がいのある方への支援について理解したいとインターンシップに参加してくれました。職員が大切にしていることや学生に求めるものなど、多岐にわたり発信してくれています。素敵に仕上がったインタビュー記事をご覧下さい。   (事務局 人材育成室 三浦)

《インターンシップ実習に参加して》
 青森大学 社会学部 社会学科3年の前川 星です。
 令和3年2月25日~26日の2日間にわたり、岩手県社会福祉事業団のインターンシップ実習に参加しました。

【インターンシップ実習内容】
 今回の実習では、事務局内の見学、事業団の概要説明及び、事務局職員の方との対談を行いました。また、てしろもりの丘の施設見学、概要説明、職員の方へインタビューを行い、広報の活動としてインタビューをまとめ、ホームページに掲載する原稿を作成しました。

【インターンシップ実習での学び】
 今回のインターンシップでの1番の大きな学びは、利用者様と向き合い支援する職員のあり方です。私は、以前障がいのある方と接した際、接し方や距離感、向き合い方に悩んだことがありどうするべきか分からないまま今回インターンシップに参加しました。インターンシップを通し、職員の方の支援姿勢や思いを聞き、相手を障がいの特性だけで決めつけず、一人の人として向き合うこと。そして、その人に合った距離感を保つこと、相手の思いを尊重することが、利用者様を理解することに繋がるということを学びました。その中で私が、障がいのある方と自分との間に壁を作っていたことに気が付き、障がいへの考え方、捉え方が変わりました。

【インターンシップ実習を振り返って】
 障がいについて深く知り、職員の方のあたたかさに触れることができた2日間でした。実習の中で私は、とても偏った考え方を持っていたことに気が付きました。障がいのある方の内面を知ろうとせず、抱える疾病にばかり目をやり、自分よがりな支援を考えてしまっていました。実習の中で職員の方の支援姿勢を聞き、ハッとすることが多かったです。実習においてたくさんのことを学ばせていただきましたが、実習において自分の根底にある偏った考えに気が付くことができたことがインターンシップに参加した大きな意味なのだと思いました。
 
【最後に】
 太駄由貴生活支援員へインタビューした記事を作成しましたので、ぜひご覧ください。

▲【太駄由貴生活支援員にインタビュー!】

▲【記事作成中!】

※添付ファイルを保存したい場合には、対応するアプリケーションが起動しますので、そのアプリケーションにて、「名前を付けて保存」を行なって保存して下さい。

【インターンシップ】インターン実習に参加しての感想

2021.03.18掲載

・・・はじめに・・・ 
 インターンシップ実習に岩手県立大学の吉田理紗子さんが参加してくれました。当法人施設で実習後、更に当法人について知りたいとインターンシップに参加してくれました。働くきっかけや働きがいなどを職員から引き出し、発信してくれています。素敵に仕上がったインタビュー記事をご覧下さい。   (事務局 人材育成室 三浦)

《インターンシップ実習に参加して》
 岩手県立大学 社会福祉学部 社会福祉学科3年吉田理紗子です。令和3年2月25日~26日の2日間にわたり、岩手県社会福祉事業団のインターンシップ実習に参加しました。
  
【インターンシップ実習内容】
 法人の理念等の説明を受けた後、てしろもりの丘の施設見学や職員さんにインタビューを行いました。実際に行われている広報活動の概要を学び、インタビューした内容をもとにホームページに載せる原稿の作成を体験しました。

【インターンシップ実習での学び】
 施設職員の方から、仕事を志した動機から支援で重視する価値観、事業団の魅力などを聞き、インタビューから事業団で働くことを想像することができました。人の一生を支えられることが魅力とお話をされており、そのための環境が事業団にはあることを知りました。また、広報の仕事体験や職員の方の価値観に触れることで、さまざまな形で人の一生を支えることができる場所であると学びました。

【インターンシップ実習を振り返って】
 実習を振り返り、人の一生を支えている人の価値観に沢山触れることができた2日間だったと感じます。広報での仕事や連絡調整など、間接的に利用者様を支える職員の方や、現場で直接利用者様の生活に寄り添う職員の方など様々な方法で人の一生を考えていくという仕事の魅力を改めて感じることができました。職員の方や利用者様の方が楽しく生活している様子を知ることができて有意義な実習でした。 

【最後に】
 今回のインタビューを実施した記事をまとめましたので、是非ご覧ください!

▲【鈴木菜見子保育士にインタビュー!】

▲【記事作成中!】

※添付ファイルを保存したい場合には、対応するアプリケーションが起動しますので、そのアプリケーションにて、「名前を付けて保存」を行なって保存して下さい。

【インターンシップ】インターンシップ実習に参加しました!

2021.03.18掲載

・・・はじめに・・・ 
 インターンシップ実習に岩手県立大学の藤原侑茉さんが参加してくれました。法人や施設などの組織の役割や、そこに携わる職員について学びたいとインターンシップに参加してくれました。これから当法人を知る皆さんへ、当法人の魅力を発信してくれています。素敵に仕上がったインタビュー記事をご覧下さい。   (事務局 人材育成室 三浦)

《インターン実習に参加して》
 岩手県立大学 社会福祉学部 社会福祉学科 3年の藤原侑茉です。
 令和3年2月17日~18日の2日間にわたり、岩手県社会福祉事業団のインターンシップ実習に参加しました。

【インターンシップ実習内容】
 今回のインターンシップ実習では、障害者支援施設「みたけの園」にて、施設見学及び職員へのインタビューを行いました。また、職員へのインタビューを基に記事を作成し、広報の仕事を体験しました。

【インターンシップ実習での学び】
 障害者支援施設で働く職員へのインタビューを通して、じっくりと時間をかけた関わり合いの中で利用者様と信頼関係を築いていくことの大切さを学びました。表情や態度、声のトーンなどから相手の気持ちを汲み取るというのも、普段の様子を知っているからこそできることであり、長期的な視点と双方向のコミュニケーションが利用者理解を促すのだと思いました。

【インターンシップ実習を振り返って】
 実際に福祉施設で働く職員から様々な話を伺い、今 大学で学んでいる相談援助技術がソーシャルワーク実践の基盤になるということを強く感じました。また、相談援助では「共感的理解」が求められますが、社会的な想像力による利用者様の追体験だけでなく、福祉施設での経験の積み重ねが「共感的理解」を深め、より利用者様に寄り添った相談援助に繋がるのではないかと感じました。
 
【最後に】
 「みたけの園」で行ったインタビューをまとめ、記事を作成しました。是非、ご覧ください!

▲【鶴田奈央職業指導員にインタビュー!】

▲【記事作成中!】

※添付ファイルを保存したい場合には、対応するアプリケーションが起動しますので、そのアプリケーションにて、「名前を付けて保存」を行なって保存して下さい。

【就業体験】「1Day仕事研究」に参加しました!

2021.03.16掲載

・・・はじめに・・・ 
 令和3年2月25日(木)「1Day仕事研究(就業体験)」に、尚絅学院大学総合人間科学部人間心理学科3年 安藤礼奈さんが参加しました。
 当法人の主な事業が障がい分野と知り、もっと施設のことを知りたいとのことで、当法人の仕事について研究していただきました。   (事務局 人材育成室 三浦)

《「1Day仕事研究」実施内容》
 ・法人の事業内容を知る
 ・施設訪問及び現場スタッフとの対談 
 (社会人としての働き方や施設での仕事内容、働きがい等について知る)
  =今回の訪問施設(対談した職員)=
    福祉型障害児入所施設 てしろもりの丘よつば (鈴木菜見子保育士)

【「1Day仕事研究」を終えての感想】
 「1days仕事研究」を終えて、福祉という仕事は自分自身も利用される方も、支えられる仕事であり、利用される方を尊重しながら自ら進んで働くことが求められる職であると感じることができました。「正しい答えはない仕事だからこそ、悩むことも多いのだろうと思う反面、その仕事の原動力は、利用者の方から頂いている」という鈴木菜見子保育士の言葉を聞いて、優しさや支援の良い連鎖のある福祉の現場に携わりたいと強く思いました。インタビューや事業団についての説明を受ける中で、福祉の魅力に触れることができ、1日を通して良い学びができたと思います。
 残りの在学期間で、児童福祉や障がい者福祉において具体的にどのような支援があり、今どのようなものが課題になっているのかといった情報を、より多く知っておきたいです。

▲【福祉型障害児入所施設「てしろもりの丘よつば」にて対談中!】

▲【「困るのも原動力も子ども」と話す鈴木菜見子保育士】

【就業体験】「1Day仕事研究」に参加しました!

2021.02.22掲載

・・・はじめに・・・ 
 令和3年2月16日(火)「1Day仕事研究(就業体験)」に、岩手県立大学社会福祉学部社会福祉学科3年 小原菜奈美さんが参加しました。
 これから実習する施設とは異なる福祉施設について学びたいとのことで、当法人の仕事について研究していただきました。    (事務局 人材育成室 三浦)

《「1Day仕事研究」実施内容》
 ・法人の事業内容を知る
 ・施設訪問及び現場スタッフとの対談 
 (社会人としての働き方や施設での仕事内容、働きがい等について知る)
  =今回の訪問施設(対談した職員)=
    児童養護施設 和光学園    (赤穗雄健児童指導員)
    共同生活事業所「みたけの園」 (三河勝則生活支援員)

【「1Day仕事研究」を終えての感想】
 はじめに岩手県社会福祉事業団の概要を説明していただき、様々なサービスを提供しているということや人材育成にも力を入れているということを理解することができました。
 次に、児童養護施設の見学と職員さんへのインタビューをさせていただき、児童福祉分野でも職員間の連携が重要であるということや、日々子どもの成長を感じられるというやりがいがあるということ等が分かりました。
 その次に、共同生活事業所の見学と職員さんへの質問もさせていただき、ホームの職員の方々は利用者様の思いを尊重して、様々な工夫をしているのだということが分かりました。
 また、事業団の職員さんと話しをしていくなかで、利用者様を区別せず、同じ目線で接していくことも重要であると気づくことができました。
 本日の経験を実習や大学での学びに活かしていきたいです。

▲児童養護施設「和光学園」にて対談中!

▲共同生活事業所「みたけの園」を見学

【インターンシップ】インターンシップ実習に参加しました!

2020.12.28掲載

・・・はじめに・・・ 
 インターンシップ実習に岩手県立大学の髙橋直也さんが参加してくれました。障害者支援施設「松風園」実習後、当法人をもっと知りたい、児童の分野をもっと知りたいとインターンシップに参加してくれました。職員から当法人の魅力を上手に引き出し、インタビュー記事を完成させました。ご覧下さい。   (事務局 人材育成室 三浦)

《インターン実習に参加して》
 岩手県立大学 社会福祉学部 社会福祉学科3年の髙橋直也です。
 令和2年12月14日~15日の2日間にわたり、岩手県社会福祉事業団のインターンシップ実習に参加しました。

【インターンシップ実習内容】
 実習内容としては、てしろもりの丘の施設見学や概要説明及び、職員さんにインタビューを行いました。また、広報活動として行ったインタビューをまとめ、ホームページに載せる原稿の作成を体験しました。

【インターンシップ実習での学び】
 実際に現場の職員さんの声を聞くことが出来、支援者として求められる姿を学ぶことが出来ました。支援は職員から一方的に行うものではなく、利用者さんと相互に関わりを持ちながら支援をし、共に歩んでいく事が大切であると学びました。また、福祉はチーム支援が重視されるため、職員同士の情報共有など連携を大切にし、利用者さんに対して職員全体で支援の方向性を統一させる必要があることを学びました。

【インターンシップ実習を振り返って】
 コロナ感染症対策のため実際の利用者支援の現場を見る事はできませんでした。しかし、職員さんが支援をするうえで大切にしていること、心掛けていることを知り、貴重な経験をすることが出来ました。また、利用者さんは1人1人異なった個性を持っています。そのため、利用者さんにとって適切な支援は何か、職員全体で日々考え、利用者さんに適した支援を展開することが出来るように、サービスの質の向上を目指して学んでいく必要があることを理解しました。
 
【最後に】今回のインタビューを実施した記事をまとめましたので、是非ご覧ください!!

▲インタビューしています。

▲記事作成中!

※添付ファイルを保存したい場合には、対応するアプリケーションが起動しますので、そのアプリケーションにて、「名前を付けて保存」を行なって保存して下さい。

【インターンシップ】インターンシップ実習に参加しました!

2020.12.28掲載

・・・はじめに・・・ 
 インターンシップ実習に岩手大学の岩渕天音さんが参加してくれました。児童養護施設「和光学園」の実習後、当法人をもっと知りたい、児童・障がいの分野をもっと知りたいとインターンシップに参加してくれました。これから当法人を知る皆さんへ、当法人の魅力を発信してくれています。素敵に仕上がったインタビュー記事をご覧下さい。   (事務局 人材育成室 三浦)

《インターン実習に参加して》
 岩手大学教育学部学校教育教員養成課程小学校教育コース3年の岩渕天音です。
 令和2年12月14日から15日の2日間にわたり、岩手社会福祉事業団のインターンシップ実習に参加しました。

【実習内容】
 今回の実習では福祉型障害児入所施設である「てしろもりの丘よつば」にて施設見学および職員さんにインタビューを行いました。また、インタビュー内容をまとめ、記事を作成しました。

【インターンシップ実習での学び】
 今回の実習での1番の学びは、障害のある人のことを特性だけで決めつけるのではなく、その人自身と向き合うということです。思いや気持ち、行動の意図をくみ取ることによって、相手への理解が深まり、支援の質も向上するのだと気付きました。そういった表面ではなく、中身を見る姿勢が、結果として利用者さんの安心、安全や満足感につながるのだと思います。

【インターンシップ実習を振り返って】
 インターンシップ実習に参加して、職員のみなさんの常に前向きで、学び続ける姿勢に憧れました。私は教育学部で福祉についての知識や経験は少ないです。しかしこの実習に参加して、利用者さんの安心、安全のために私だからこそできることを考えるきっかけになりました。これから大学へ戻り、前向きに勉学に励みたいと思います!

【最後に】
 てしろもりの丘よつばで行ったインタビューをまとめて記事を作成しました。ぜひご覧ください!

▲インタビューしています。

▲記事作成中!

※添付ファイルを保存したい場合には、対応するアプリケーションが起動しますので、そのアプリケーションにて、「名前を付けて保存」を行なって保存して下さい。

▲ページ先頭へ戻る