研修実施報告

トップページ > 人材(人財)育成基本方針 > 研修実施報告

【研修】社会福祉研修「福祉職員キャリアパス対応生涯研修【管理職員編】【チームリーダー編】を開催しました。

2019.08.09掲載

 社会福祉研修「福祉職員キャリアパス生涯研修課程」について、7月3日(火)、4日(水)は【管理職員編】、10日(水)、11日(木)は【チームリーダー編】1班、24日(水)、25日(木)は【チームリーダー編】2班を、それぞれアイーナを会場に開催いたしました。“社会福祉研修”は、当法人の自主事業であり、他法人の皆様にも案内しているものです。
 各コースとも、全国共通のカリキュラムに則って行われました。
 管理職員編では、この研修を人材育成を考える時間として捉え、福祉サービスのイメージである、暗い3K(きつい、汚い、給料が安い)から明るい3K(感謝、感動、感激など)へと転換していくことができればという話などがありました。
 また、チームリーダー編では、ラグビーの平尾誠二元全日本監督の言葉を用い、「強い個が、強い組織を作る」「コーチングの主体は相手である」と言った、リーダーに求められることについての話などがされました。
 これからの福祉業界を担っていくリーダーの方々にとって、今後の活躍に少しでもこの研修が役立つことができれば、幸いです。

▲【管理職員編】講師 みたけ学園・みたけの園 園長 小田島  守

※添付ファイルを保存したい場合には、対応するアプリケーションが起動しますので、そのアプリケーションにて、「名前を付けて保存」を行なって保存して下さい。

【研修報告】1級現任職員研修を実施しました。

2019.06.26掲載

 令和元年6月21日(金)に1級現任職員研修を実施し、28名が出席しました。 
 今年度入職5年目以上の1級職員を対象としているため、経験年数が多岐にわたった構成となりました。
 理事長講話では、事業団の経営方針はSDGs(持続可能な開発目標)と通じるものがあることや、「視座を変える」「ひとつ上の立場で考える」などの仕事をする上での心構えをお話いただきました。
 講義では、1級職員の職制、これから期待される姿を確認しました。また、法人の経営状況や経営安定化補助金について学び、サービスの質の向上が経営安定に繋がることを確認しました。
 グループワークでは、「経営方針を読んだだけでは分からないという新採用職員へ、どう説明するか」を題材に行いました。説明する難しさや、説明するには自分が理解していなければならないこと、そのために勉強し身につけていくことを学びました。意見交換するなかで、様々な気づきがあったようでした。 
 これからの事業団を支えていく職員となります。大いに期待しております。

*参考
《SDGs(持続可能な開発目標)とは》
 2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030年アジェンダ」に盛り込まれた17の国際目標。「誰一人として取り残さない」という理念の下、持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現を目指すもの。

▲理事長講話・・・直接お話を聞く、良い機会となりました。

▲グループワーク・・・それぞれの意見を出し合い、グループごとに発表しました。

【研修報告】現任施設長・副施設長等研修を実施しました。

2019.06.18掲載

令和元年6月12日(水)に現任施設長等研修を、翌13日(木)に現任副施設長等研修を実施しました。2日間で、50名が出席しました。
 毎年度、施設長及び副施設長等職員の研修を実施しているところですが、今年度の研修では、現在当法人が特に重要視している「コンプライアンス・ハラスメント」を題材に研修を実施しました。
 研修の講師は、株式会社経営コンサルタント協会 東北エリア担当 取締役 須藤達氏に依頼し、グループワーク形式で行いました。
 コンプライアンスについては、各グループで事例検討をし、ルール作りや他人事ではなく自分事と捉えられるような倫理教育の必要性などが挙げられました。ハラスメントでは、コミュニケーション不足や差別意識など、起こり得る背景を探りながら、風通しの良い職場づくりについて学びました。
 また、鈴木豊常務理事兼事務局長から「施設長・副施設長として期待すること」と題して、講話があり、組織人としての持つべき意識や仕事への取組み方などが話されました。
 今回の研修を、より良い職場づくりと、福祉サービスの充実に向け、生かしていきたいとの意見が聞かれました。

▲コンプライアンス研修をグループワーク形式で行い、様々な意見を出し合い、先生に助言いただきました

▲【施設長・副施設長として期待すること】として、鈴木常務理事兼事務局長から講話があり、組織人としての意識向上を図りました

【研修報告】新採用職員研修(Ⅰ期)を実施しました

2018.05.22掲載

 平成30年4月26日(木)から27日(金)の2日間に渡り、事業団事務局にて新採用職員研修(Ⅰ期)を実施しました。
 当事業団では、新採用職員研修をⅠ期とⅡ期の2回に分けて実施しています。今回の研修では、組織の一員としての自覚を持っていただくため、事業団の概要や、服務規程、基本的支援技術等について学んでいただきました。その他、2日目最後の時間は、これから事業団でどのようなキャリアを積んでいくのかを考えていただくため、先輩職員2人の経験談を聞いていただきました。
 入職してから、約3週間が経過し、それぞれが入職前とは違った不安を抱えている状況にありましたが、先輩職員のあたたかなメッセージに励まされ、最後は、とてもいい笑顔で2日間の研修会を終えました。
 次回は、12月のⅡ期研修で、今より成長した新採用職員の皆さんに会えることを楽しみにしています。

▲「セルフマネジメント」の講義では、一人ひとりが、今の心身の状況を確認しながら、セルフケアについて学んでいただきました。

▲座学だけではなく、演習を通して、他事業所に配属された仲間とも意見交換をしました。

▲ページ先頭へ戻る